第2回目スペシャルクラス

0
    第2回目のスペクラは中学生5人、小学生7人で行いました。ドリブルのスピードを落とすこと、得た 情報からいい判断をすること、そして相手を騙すこと、そこを目標に取り組んでもらいました。連休中に行った試合で自信を深めたのか、小学生組の動きがとて もよかったですね。あとは相手を騙せるようになるといいと思います。中学生は部活の後、小学生は運動会や陸上記録会の練習などで大変だったと思いますが、これからも目標に向かってしっかり取り組んでいきましょう!
    JUGEMテーマ:少年サッカー



    世界で通用するサッカー選手育成を目指せ! 「自ら考える」子どもの育て方

    0
      世界で通用するサッカー選手育成を目指せ! 「自ら考える」子どもの育て方


      世界で通用するサッカー選手育成を目指せ! 「自ら考える」子どもの育て方
      この本を立ち読みしてきました。

      この中に握手による挨拶について書かれています。

      左手で握手、これは相手が挑発している行為、馬鹿にされているいうことです。ウチのスクール生でも、右手で荷物を持ちながら左手を差し出す人がいます。この意味は知っていましたが、仕方ないなと思って右手と左手で握手をします。まあ、荷物を置いて右手を出せばいいだけの話ですね。

      握手だけすれば・・・というスクール生も多いですね。きちんと相手を観て握手するのがいいですが、これもなかなかできません。

      そして一番興味深かったのが握手をしない(挨拶をしない)選手についての記述です。なにか嫌なことがあったから・・・、後ろめたいことがあったから・・・、などなど子どもが出したシグナルだそうです。たしかに挨拶は強制的にやらせているのですが、これも義務的でよくないなあとも思っていたのですが・・・。そういうシグナルを感じることが指導者としては重要なのですね。

      早速、明日から実践、活用です!

      2014年05月08日のつぶやき

      0
        22:37
        Everybody is still following me on Twitter, according to @useqwitter


        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        ブログランキング

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        recommend

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1122 最後に更新した日:2020/02/12

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM